FX情報の決定版!
口座の開設はここから!

FXのリスクについて理解しておこう

FXは正しい知識と理解の上での取引を推奨します

FXには以下に示すように様々なリスクを伴います。
リスクも正しく理解しておけば決して怖いものではありません。当サイトでは簡単な説明に留めさせていただきましたが、FX会社の公式サイトでもリスクの詳細を必ず掲載しているので、もっと詳しく知りたいという方は一度そちらをご覧になることをおすすめします。

【為替の変動によるリスク】

外国為替市場では、24時間常に為替レートが変動しています。FXはその為替の変動を利用することで利益を出すことができます。これを為替差益といいいます。逆に、予想と反対に為替レートが変動した場合には為替差損を被ることになります。これが為替変動によるリスクです。

【流動性によるリスク】

外国為替市場には値幅制限がなく、通常日本円などの主要国通貨の場合は高い流動性を示しています。しかし、主要国での祝日や、マーケットクローズ間際の取引など、流動性の低い時間帯や通貨の場合には、取引が困難となる可能性があります。これを流動性によるリスクと言います。

【金利変動によるリスク】

外国為替市場で受け取れる利益にはスワップポイントによるものがあります。スワップポイントは、各国の景気や政策などの金利情勢を反映して日々変化します。場合によっては受取の方向だった通貨が支払の方向へ変化することがあります。それによって追加の資金が必要になったり、ロスカットが近づいたりといったことが起こりえます。

【レバレッジによるリスク】

レバレッジを利用すれば、比較的少ない証拠金で多額の取引を行うことが可能になります。しかし、大きな利益を受け取れる反面、為替の大幅な変動によって多大な損失を被る可能性もあります。

【信用リスク】

多くのFX会社が提供するFXは、相対取引であり取引所取引ではありません。相対取引では当事者同士の信頼に依存する部分が多く、そうした性質をよく理解しておく必要があります。

【電子商取引によるリスク】

電子取引システムは便利な反面、電話とは異なるリスクを伴います。たとえば、売買注文の入力の誤りなどがあると、意図していない注文を出すことになったりします。また、システムダウンによって取引が一時的に不可能になったり、個人情報の流出によって、思わぬ被害に遭う可能性もあります。

【スリッページによるリスク】

成り行き注文や逆指値注文において、為替レートの急激な変動が起こった場合、取引画面の提示レートよりも不利なレートで約定したり、注文が不成立となる場合があります。